So-net無料ブログ作成
検索選択
本・書籍 ブログトップ

ぼーるぺん漫画 [本・書籍]

ボールペン漫画が描けるかと問われればどう答えますか?[ペン]
そりゃまあ、筆記用具の一種として描く事は自体は出来るでしょう。
ただ、落書きや個人のみで楽しむ漫画であり、商業用の漫画としては無理でしょう。
何より印刷として適していません。線がきれいに出ませんからね。
と、自分ならそう答えます。
しかし、その常識を覆す全編ボールペンのみで描かれた漫画本があるのです。[どんっ(衝撃)]
タイトルは「ぼおるぺん古事記」といいます。
古事記とタイトルにあるように、あの日本の神話を書いたとされる「古事記」を漫画化された本です。
描かれた人は、こうの史代さんという漫画家で、「夕凪の街 桜の国」という映画化にもされた漫画を描かれた方です。
どうしてこの本をと言いますと、出雲大社に行ってから古事記を読んでみたいなと思うようになりまして、でも難しいのは嫌だなと思い、漫画ならとこの本を選んだのでした。[るんるん]
中身は漫画であってもかなり難しいです。
よく判らない神様の名前がゴロゴロと出て来るし、古代の言葉も独特過ぎて意味不明です。
下方に注意書きがあって、それと合わせてやっと読んでる状況です。
漫画でこれだけ難しいと感じるのですから、文書だと付いていけないかもしれませんね。
それでも、こうのさんの独特で可愛らしい絵柄の為かキャラクター達が愛らしくて親しみを感じます。[かわいい]
この絵柄のおかけで何とか読み進める事が出来ました。
何より凄いと感じたのは、全編ボールペンだけでこの漫画を描き上げたという技術力です。[アート]
ボールペンだけと言うことは、ベタやトーンは一切使ってないという事です。
それでいながら、画面の濃淡や光と陰影の付け方など、かなり工夫されて絵を白くならないように見せています。
背景や景色にも手を抜かずしっかりと描かれていて、カケアミや点描の応用されている箇所もかなり見掛けます。
ボールペンだけでここまで描けるのかと圧巻されます。
これって、下書きはどうなってるのでしょうね、と疑問に思いました。
ボールペンって消しゴムを掛けても消えないけれど、インクが少しかすんでしまうのですよね。
それが、商業用漫画に適さない理由でもあります。
インクの線はかすれてるように見えないので、下書きなしなのでしょうか。さすがにそれは無理かな。
あるいは、色鉛筆で下書きしたのかも。水色か黄色の色鉛筆なら描いても印刷には出ないので、それで下書きしすれば消しゴムを掛けなくても済みますからね。
でも、どうなのでしょう。マジで気になります。[眼鏡]
まあともかくとして、この本は絵の技術も見ものですが、内容も面白いです。
こうのさんの描かれる絵がやっぱり良いです。綺麗というよりゆる系かな。[犬]
勉強にもなりますし、古事記に興味のある方には是非おススメですよ。
良ければ、本屋で見て頂きたいです。[ハートたち(複数ハート)]

それでは、これにて。[リボン]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い

マイバースディ 復刊版 [本・書籍]

先日、買い物に出掛けたら、本屋で懐かしい占い雑誌「マイバースディ」を見つけました。[本]
わあ懐かしい!と手にとって見たところ、どうやら1号限りの復刊のようです。
中を読んでみると、懐かしい記事が目に入りました。[目]
もう今更という感じでしょうが、絲はこの雑誌の愛読者だったのです。
毎月毎号楽しみに愛読していました。
星占いや数秘術に前世占いなど、いろんな占いに関する記事が載っていて、夢中になって読んでいましたね。[眼鏡]
おまじないの記事を読んで実行してみた事もあります。
クイズの懸賞のハガキを出してみたら、ペンダントが当たった事もあるんですよね。[ハートたち(複数ハート)]
ペンダントと言えば、全員サービスのプレゼントにはよく応募してました。
野崎ふみこさんの表紙の絵が好きで、よく眺めていましたよ。
こう書いてしまうと、自分ってやっぱり昔から占い好きだったみたいですね。
やがて、働くようになって日々の生活が忙しくなり、本の中を読む暇もなくなり、買う気力もなくなっていきました。[バッド(下向き矢印)]
本の内容も幼く感じて物足りなくなっていったのです。
購買対象は中高学生向きに作られた本でしたから、そこは仕方ないのかもしれませんね。
関心もなくなってしまうと、目にする機会もなくなってました。
知らない内に廃刊になってたそうですね。それさえも気が付きませんでした。
絲が再び占いに関心を持つようになった頃には、マイバースディはもう本屋から消えていた訳です。
それが今、このタイミングでの復刊です。[ぴかぴか(新しい)]
もう、買ってくれと本屋で呼びかけているようでした。
中を開くと、各12星座の星占いのコーナーやおまじないの数々に読者投稿など懐かしい内容が掲載されてるのが目に飛び込んできました。
コボルト人形やTRAPS魔方陣のグッズもあってとても懐かしいです。
切り抜きのタロットも付いているのですが、大アルカナと小アルカナとで大きさが違うのですよね。
これでは、交ぜて使えないです。別々に使えと言うのかな。
でも、知らないスプレッドも載っていたので、これは勉強になるかも。今度、試してみたいです。
懐かしいようで、今だからこそ感じるものもあって、充実した1冊でした。
もし、本格復刊したとしても、もう買い続けるのは難しいかもしれませんね。
内容的に年齢に合わなくなってるので、読んで違和感を感じそうですから。
それでも、今回の復刊版は読み応えがありました。[るんるん]
定期的な復刊なら、またあったら嬉しいですね。
それでは、これにて。[かわいい]


タグ:雑誌
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:占い
本・書籍 ブログトップ
http://my.formman.com/form/pc/QYRjVgzbEc0snMxO/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

http://my.formman.com/form/pc/QYRjVgzbEc0snMxO/