So-net無料ブログ作成

東京オリンピック招致活動ってどうなるの? [占い(時事)]

石原都知事が辞職をして国政を目指すのだそうですね。[ゴルフ]
こうした突然の行動は、彼らしいと言えばらしいですが、振舞わされる方は溜まったものじゃないでしょうね。
彼に期待してる人も結構いるようですが、冷ややかに見てる人も多いです。
自分はと言うと、期待したい気持ちも半分ほどありますが、残る半分は大丈夫かな~という冷ややかな関心でしょうか。
それはそうと、石原氏が知事を辞めるにあたり「東京オリンピック招致はどうなるんだ!!」という声も聞かれているようです。
別に彼だけが招致活動をしていた訳ではないでしょうし、継続されるだろうと思うのですが…多分。
しかし、招致反対派の知事が後任に選ばれたら、分からないですよね。
ロンドン・オリンピックを見ていて、もう一度東京でするのも悪くないかもなぁと思い始めてきた矢先でしたのに。[モータースポーツ]
それに、過去の東京オリンピックを覚えてない人、後で生まれた人もすでに多いと思うので、それなりにメリットもあると思うのですけどね。
石原氏の今後も気になるけれど、ここは「東京オリンピック招致がどうなるか?」で占ってみる事にします。[パスワード]

続きを読む


今、やりたいと望む事 [My トーク]

ブログ上での無料のタロット鑑定を終えて、もう3ヶ月になります。[晴れ]
いずれ、新しい形で有料鑑定に切り替えるつもりでいました。
ですが…、未だ有料鑑定を始めてはいません。
メールフォームの新しいバージョンを作ってみたり、ゆうちょ銀行のオンラインシステムに登録したり、と準備は着々に進んでいます。
それでもねぇ、まだもう少し猶予が欲しいと願ってしまいます。
というのも、現在のこの自由さをまだ手放したくないのですよ。
自分のブログ内で自由に好きな事を書けて、気が向いたものを占って、それが出来るのが凄く嬉しくて楽しいのです。[ぴかぴか(新しい)]
鑑定するに辺り、求められる事は光栄であり嬉しいです。
こちらもそれに応えねばと張り切りたいし、そうしたいです。
でも、まだこの自由さを失いたくないという葛藤に揺れています。
何しろ、鑑定依頼の占いを連日上げ続けた時に思った事は「普通の記事が書きたいよう~」「今の世の中を占ってみたいよ~」だったのです。[もうやだ~(悲しい顔)]
どうしても、依頼の鑑定を優先してしまうとそれ以外の記事や占いが出来なくなり、かなりストレスを溜め込んでいました。
もし、自分が占い一本でやっている占い師ならそんな贅沢は言ってられませんが、残念ながら自分は一般的に仕事を抱えてます。
社会人としては、表の仕事を優先せざる得ません。
とすると、鑑定する回数はどうしても減ってしまいます。
1週間に1回か、よくても2回までくらいでしょう。
有料になる事で回数は以前よりは減るでしょうけれど、それでもやっぱり不安なんですね。
プロの占い師を目指してきた筈なのに、その一歩前で戸惑うなんてどうしてでしょうね。[ふらふら]

と言うのも、自分の中にもう一つの野望と言うか、したいと思う事が生まれてしまったのですね。
それは…実はエッセイ集なんてのを出してみたいなと言う野望です。
タロットや星座や占いの事を織り交ぜて、自分の感性のままに綴るような感じのエッセイ集です。[ペン]
占いをテーマに、自由に書き綴って、それを本にしてみたいのです。
つても人脈もないので、夢を言ってるだけですが。[あせあせ(飛び散る汗)]
それでも、今の自分の一番の叶えたい夢でもあります。
だから、今は好きな事をブログ内に書く事を優先してみたいのです。[アート]

なので、まだもうちょっとお待ち頂ければと思います。
今はまだ揺れていて、決心の着かない状態です。
人を占いたいという気持ちもまだ残っていています。
たまに、メールフォームから「もう依頼鑑定はしないのですか?」との問い合わせもありまして、心が揺れます。[揺れるハート]
悩みを持つ人に占いで役に立つなら役立てたいとも願っております。
いずれそっちの声が大きくなれば、メール鑑定を始めようとするでしょうね。
きっと自分は、占わずにはいられなくなるだろう人間だと思うのです。
それまでは、まだ猶予をください。
お願い致します。[犬]


解散時期の「その内」とは? [占い(時事)]

「その内」とは、一体いつまでを指すものでしょうか。[時計]
挨拶程度に「今度おいでよ」「その内ね」というのはよくやるやり取りで、「その内」が実行されないなんてのもよくある話です。
しかし、「その内」に行うという約束で何かの取引をした場合ならば、それを実行しなければ不誠実になるでしょうね。
野田総理は「その内」に解散するという約束で野党である自民党・公明党と共に消費税の法案を通しました。
通したのだから約束を果たせ、という要求は至極当たり前のように思えます。
しかし、「『その内』とはこちらで決める」「まだ『その内』じゃない」と解散を避けてるのってどうなのでしょうか。
「その内」を明確な期限を提示させなかった野党が甘かったのかもしれませんが。
更には「緊急予算の為に協力して!『その内』解散するから」とやってるなんて、まるで結婚する姿勢をみせておねだりを繰り返す性悪女のように見えてしまいます。
つい最近も、野田総理が第三次の内閣改造を行いました。
報道を聞いた時に思った事は、「え?もうすぐ解散するんじゃなかったの?」でした。
ってか、何でもうすぐ解散するのに内閣の入れ替えしなきゃならないのでしょうか。
それとも、「その内に解散」なんて真っ赤な嘘だったのでしょうか。
解散するつもりなら、せっかく入閣した人に失礼かと思いますよ。
大体、「その内」って一般常識でどれくらいの期間でしょうか?
やっぱり1ヶ月位で、長くとも3ヶ月以内かな?とまあ考えるのですけれどね。
で、解散が本当に行われるか、と疑問に感じたのでちょっと占ってみる事にします。[パスワード]

続きを読む


中二病に関する占星術的考察 [星占いあれこれ]

中二病というものをご存知でしょうか。[眼鏡]
所謂、思春期に発症する一種の誇大妄想病で、主に中学二年の頃にピークにかかるのでそう呼ばれています。
肥大化する自意識と夢見がちな子供っぽさとがない交ぜになり、世間というものが分かり始め、自分の内部意識の葛藤が始まるのがこの時期なのです。
自分が特別と思いたい気持ちと世間に歯向かいたいという自意識と、知識不足で世間知らずな故に起きる幼児性。
いずれ大人になるであろう自分へのある種の反抗なのか、子供世界への決別への抵抗なのか。
まあ、思春期ならではの麻疹のようなものです。
症状としては、とにかく自分は特別な人間と思い込む事ですね。
歪んだ世の中に悲観して世界平和の為に何が出来るだろうと変な行動をしてみたり、逆にこんな世の中なんて潰してやると世界征服を訴えたり新世界の神になるとか言っちゃったり。[たらーっ(汗)]
あるいは、自分がどうしてこの世に生まれてきたのか、どんな使命があるのかと自分探しをしてみたり、自分には特別な力があるとオカルトに嵌ったり。[あせあせ(飛び散る汗)]
と、書いてるだけでも恥ずかしい事だらけですね。[ふらふら]
かく言う絲自身も、中二病で自分探しを始めて占いをするようになったのですから。
まあ、誰もがかかる思春期病と思えば、どんな人にも恥ずかしさと共に懐かしさも蘇ってくるのではないでしょうか。[時計]

さて、この中二病ですが、占星術的観点で考えてみようと思います。[ひらめき]
ここで、まず注目するのは土星です。
土星は29年周期で元の場所に戻ってきます。これをサターンリターンと呼ぶのは結構有名ですね。
で、この半分が丁度14~15歳頃であります。
つまり、中学二年の時期の多くの人は、生まれた時の土星と進行中の土星がオポジション(180度)となるのです。
オポジション-180度のアスペクトは、対立・緊張状態をもたらします。
また、内的な問題提起となったり、「投影」する事もあるのだそうです。
土星の持つキーワードは現実感や社会性。社会性が芽生えるのもこの時期です。
土星は社会性と現実感を投影する形で教えようとしてくれていたのかもしれません。
いずれにしろ、14歳頃に妙に重い意識を感じるのは、これが原因だったのではないでしょうか。

そして、次に注目するのが海王星。[新月]
海王星はほぼ14年単位で一つの星座を移動します。一つの星座に居続けるのが14年なのです。
つまり、14歳の時には生まれた時の海王星と進行中の海王星がほぼ30度になるのですね。
30度はセミセクスタイルというマイナー・アスペクトで、あまり重要視されていません。大抵の鑑定では無視される角度です。
意味的には、「弱いが良い」。まあ末吉程度の角度です。
しかし、14という数字は偶然とは言え興味をそそられます。
もしかすると、海王星がマイナーとは言えアスペクトをもたらす事で、妄想の世界に入る事や、やたらに空想癖を広げたりするのではないだろうか。
中二病特有の誇大妄想は土星だけでは説明が付かず、海王星の軽い関与があったと考えた方が良いかもしれません。
つまり中二病とは、土星が突きつける社会性と、そこから逃避する為の軽い空想がもたらした症状ではないかと推察します。

この病気は中学二年の頃の人が多いのですが、実は人によってその発症時期はまちまちだったりします。
中には、大人になって今頃?!という人もいたりします。
某有名なサッカー選手は、引退する時に「自分探しの旅に出ます」と言いだして、今頃中二病?と世間を驚かせてくれましたが。[サッカー]
それは、土星や海王星のアスペクトの時期が違ってたりしたのかもしれませんね。
占星学では、サターンリターンについての研究をしてる人は結構いらっしゃるようですが、ハーフリターン(?)の土星も研究してみてもらえないかな、と願ってしまいます。[サーチ(調べる)]

勝手な考察ですが、面白く読んでもらえれば光栄です。
それでは、これにて。[るんるん]


タグ:土星 海王星

今の中国を占ってみました。 [占い(時事)]

日中関係が荒れてますねぇ。今回ちょっと長いように感じます。[信号]
尖閣諸島の国有化が決まったのは、先月だったかな?
その後の報復反日デモの暴徒化で膨大な被害になりましたね。
その後も沈静化せず、IMFまでドタキャンするとは、まるで駄々っ子のようです。
中国側の領土主張は自分には言い掛かりに思えてなりません。[ちっ(怒った顔)]
敗戦で尖閣を含む沖縄はアメリカ領になった時も、そのアメリカから日本に返還された時も、中国は何も言わなかったのに、あの辺りに資源があると分かった途端に領土主張するってどうなのよ。
それに、大陸棚主張説って沖縄も中国領土と言ってるのと同じですよ。
琉球(沖縄)は中国の属国だったから、って何時の時代の話なのでしょうね。
尖閣問題って、放っていたら沖縄まで取るつもりじゃないかと不安になります。
と言うか、このまま尖閣所有説を上げてる中国ってどうなのでしょう。
あんな事を繰り返していたら、損になるのは中国のような気がするのですが。
70年代以降に教育を受けてる人たちは政府の主張が正しいと思ってるだろうし、厄介ですね。
それとも、ごり押しで領土を奪うつもりなのでしょうか? 占領されてしまえば、もう取り返すのは困難でしょうしね。
何だか不安なので、占ってみる事にします。[パスワード]

続きを読む


土星が天秤座を抜けるそうです。 [My トーク]

毎日惑星の動きをチェックしてる訳ではありませんが、いろんな所からの情報で天秤座に長く留まっていた土星が、漸く天秤座を抜けて蠍座に移動するのだそうです。[演劇]
そうか、もうそうなるのか、と中々感慨深いです。
絲にとって、占いに再興味を持ってからずっと土星は天秤座でした(時々乙女座に戻っていたりもしましたが)。[天秤座]
2009年の日食があった後くらいからタロットを再び手にし、9~10月頃にフルセット(大小アルカナの揃った)のタロットデッキを購入しました。
自力で勉強していたものの、さすがに限界を感じて、本気でタロットの勉強を始めたのが'10年の1月でした。
土星が天秤座入りをしたのが'09年10月31日のようですので、興味を持つのは少し早かったようにも見えますが、惑星の影響は前倒しになるとの事ですので、絲が占いに再興味を持ったのもこれが影響してるような気がしてならないのです。
と言うのも、絲のホロスコープの第12ハウスのカスプが天秤0度なのですよ。そして水星も同じです。
12ハウスとは、秘密や隠されたものということで、スピリチュアルな分野であり占いや心理学などもそこに当たるそうなのです。
その12ハウスに土星が入った、あるいは入ろうとした時に占いに目覚めると言うのは、出来過ぎのような気もしますが事実なのです。
まるで、「占いやスピリチュアルの勉強をしなさい」という天の啓示だったのかと思う程です。[ぴかぴか(新しい)]
土星って、あまり良くないとか、辛抱や試練の星とか言われてますけどね。
アセンダント近くを3回も通過していた時期はさすがにきつかったですが、それ以外はそれ程辛くはなかったように思えます。
と言うか、占いの勉強に精を出していたので、結構充実していたのじゃないかな。[本]
天秤座の前は乙女座なので、その時にどんなだったかと言うと、覚えてないのですよね~。
自分乙女座なんですけど、気がついたら抜けてたみたいです。
その時にはさほど占いには興味がなかった時期だったので、土星が来てたのに気付いてませんでした。[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]
まあ、その時はその時なりに大変だったのかもしれません。覚えてないだけで。
さて、土星が蠍座入りしたことでもう逆行はないので、アセンダント周辺はうろうろしないのだなぁと、ちょっと安心です。
しかし、これで本格的に第1ハウスに土星が入って来たという事ですね。
第1ハウスのキーワードは「自分自身」だそうです。
「自分自身を生かす為のステップアップを頑張りなさい」という事なのでしょう。
これはこれで、試練が続きそうです。
12ハウス土星入りの期間に勉強した事の成果を出して行く事が、これからの自分の課題なのではと思います。
その為にはどうしたらいいのかと、考えなければなりませんね。[眼鏡]
土星の影響力って凄いなと感じながら、それを生かしていくのもひとつの生き方なのですね。
これからも試練はありそうですが、頑張っていこうと思います。
それでは、これにて。[かわいい]


タグ:土星

「審判」カードは重い? [タロットあれこれ]

タロットカードの中で、どう捉えていいのか分からず困ってしまうカードってありますか?[スペード]
絲の場合、審判のカードがそれなのです。
審判-ジャッジメント。デッキによっては、復活とも呼ぶようです。
天使がラッパを吹いて死者がよみがえるという絵柄から想像するに、復縁・復職・復帰などの復活的な意味合いがあるようです。
まあ、このカードが来たら、文句なしに良い意味に捉えていいでしょうね。
相手の気持ちの所に出たら「相手はあなたの事が大好きです」と言えるでしょうし、未来や最終結果などに来れば間違いなく「良い事がありそうです」と言えると思います。
というか、それで誤魔化してる節も実はあるのですよ。
対策などの位置に出ると、途端にどう言っていいのか分からなくて困ってしまうのです。
復活という意味合いから「一度やったものをもう一度やってみる」「昔の知り合いを頼ってみよう」などとアドバイスしてみたりしています。
また、「良い知らせ」などの意味もあるようなのです。
これまでしてきた事の報いが現れるそうで、良い事をして来たならそれに相応しい結果が現れるという事なのだそうです。
それは裏を返せば、悪い事にもそれ相当な報いもあるということです。

でも、何でしょうね。この審判のカードって何か重い雰囲気があるのですよ。
運命よりも強い宿命みたいな、そんな重たいイメージです。
よく「運命は変えられるけれど、宿命は変えられない」と言いますよね。
審判のカードはそんな宿命をイメージしてしまうのです。
奇しくも、運命の輪のカードは10番で、その倍に当たる20番がこの審判のカードになります。
タロットでの数字は関連性があるという事だそうなので、やはり運命より重い宿命を審判は意味してるのではと思えてくるのです。
考えてみれば、このカードが示す復活愛って一度壊れた愛情がよみがえるという事ですし、壊れてもなお相手を思い続ける強い気持ちがなければ出来ないでしょう。
それに、このカードを占星術で当て嵌めると、蠍座か冥王星が来るようです。
どちらもストーカー気質と言うか、ヤンデレっぽいんですよね。(すべての蠍座がそうではありません)
ヤンデレというのは、病んでるくらいにデレデレして病的に好きになってしまう人の事です。
今のタイムリーな話題で例えるなら、某離婚訴訟問題で騒がれている奥さんの事とか。(これで分かったら凄い)[あせあせ(飛び散る汗)]
好かれるのは嬉しいものだし、ツンデレよりは愛情をめいいっぱい示してくれるのだけれど、思いが重いと逃げちゃう人もいるのですよね。
気持ちの位置にこのカードを見つけてしまうと、凄く重い愛情を感じてしまいます。[黒ハート]
でも、人の感じ方はそれぞれですし、好意を持ってる相手からそれくらいの強い愛情を持たれていたら嬉しいと思いますよ。多分…ね。

話はそれましたが、意味や解釈に困ってしまうのは、このカードにそれほど向き合って来なかったからではとも思います。
これを機に審判カードの事をもっと理解を…とも考えて調べまくりました。
とは言うものの、具体的には理解出来ず、何となく感じたのは重いイメージとヤンデレ。
いっそ、ヤンデレカードとして呼んでしまおうかと思っちゃいました(笑)。
絲自身はこのカードを苦手と思いつつも、カードのほうはお構いなしに結構出て来るのですよ。
え、また?ってくらいに何故か。
なので、実はこのカードは絲のことを好いてくれてるのでは思ってしまいます。
いろんな場面で、教えたがってるようにも感じますし。
だったら、自分もこのカードのことを好いてやらねば、と思ってしまうのですよね。
少しずつカードの意味を理解し、イメージを深化するようにしようと思います。[パンチ]

 

続きを読む


http://my.formman.com/form/pc/QYRjVgzbEc0snMxO/

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。

http://my.formman.com/form/pc/QYRjVgzbEc0snMxO/